国連防災世界会議準備室

 

多大なる犠牲を払いながら得た教訓・知見を、震災直後からご支援くださった国内外の方々に還元することは我々の責務と言えます。2015年3月14~18日に仙台で開催された第3回国連防災世界会議は、本研究所が実践的防災学の成果を世界に発信する良い機会となりました。研究所では、本体会議の成果文書である「仙台防災枠組」へのインプット等に関わるとともに、会議開催中のイベントの企画・運営、会議の成果に関する様々な構想について検討を行ってまいりました。

 

国連防災世界会議準備室は本研究所の会議に関する窓口として、所外の関係者との調整や連携自治体への協力を中心に活動しました。また、所内で準備会合を開催し、所員の情報共有やサポート等も実施し、研究所一丸として会議に取り組めるよう努めました。

 

会議開幕を控えた3月10日には「東日本大震災メモリアル」と題した本研究所主催のイベントに参画しました。このイベントは国内外からの研究者によるシンポジウム、および3D 映画「大津波3.11未来への記憶」上映の二部構成で行われました。

 

会議期間中は防災や減災に関する取り組みを一般に広く発信するパブリック・フォーラムを複数開催し、また他機関とも共同開催しました。以下が、準備室が関わったイベントです。

 

「Technical workshop on Monitoring Mechanism for Post-2015 Framework for DRR」
「災害マネジメントと企業:課題と展望」 
「風関連災害低減のための大規模施設の必要性と有効性」 
「WMOマルチハザード早期警報システムとサービス提供に係る国際シンポジウム」
「ESCAP/WMO台風委員会セミナー(UNESCAP/WMO Typhoon Committee)」
「科学と実践的防災学:防災における大学の役割」

 

さらに、3月15日には、国連開発計画(UNDP)のクラーク総裁、 国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)のアクタール事務局長、奥山仙台市長、里見東北大学総長、および今村災害科学国際研究所所長が出席する中、「災害統計グローバルセンター」を新年度より設置する記者発表を行いました。各国に公式に災害統計を整備するUNDPとパートナーシップを結び、災害統計データを集積・アーカイブ・分析し、「仙台防災枠組」で掲げられた目標の達成度合いをモニタリングする仕事に貢献していきたいと思います。

 

 

第3回国連防災世界会議全体としては延べ15万人の参加者があり、大盛況のうちに閉幕を迎えました。
そして、国連防災世界会議準備室は3月31日をもってその役割を終え、閉じる運びとなりました。
ご支援、ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。