プロジェクトの取り組み

災害統計グローバルセンター

災害統計グローバルセンターは、各国における災害統計・情報の内容を精査して防災・減災に資するデータを集積し、集積方法等の研究及びデータの分析を行い、各国へ防災・減災・復興に資する情報として提供することを目的として、東北大学災害科学国際研究所と国連開発計画(UNDP)との連携の下、2015年4月に設置されました。当センターでは、引き続き、各国政府によるEvidence based policy making(科学的根拠に基づく政策立案)に貢献していきます。

国内連携

国内連携活動としては、東日本大震災による被災自治体と連携協定を結び、研究所の知見を直接被災地にリンクさせるためのパイプを築いています。

世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台

第3回国連防災世界会議の成果文書として、国際的な防災枠組である「仙台防災枠組」が策定されました。第3回国連防災世界会議でホストを務めた国として、今後、仙台防災枠組を強力に牽引していくことが求められています。その一環として、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台」(World Bosai Forum / International Disaster Risk Conference in Sendai)を仙台にて隔年で開催することになりました。仙台で開催される本フォーラムは、アジアに重点を置き、広く市民も参加できるものを目指しています。